ビジネスは出会いが鍵

私達が毎日の仕事への従事を通じて経験数r新たな出会いとその頻度は、職種や車内に於ける立場など、自らが置かれた環境が大きく影響して当然です。新規開拓に勤しむ方々にとっては、毎日自らが探し求める新たな出会いが自身の仕事の成果を左右し、その相手は見込み客もしくは新規取引先の担当者などが大半を占めます。反対に黙々と自社施設内で作業に勤しむ方々の場合、仕事上の人間関係は自ずと固定されがちであり、日々コミュニケーションを交わす開いては、同業者あるいは既存の取引先に限定されると言えるでしょう。

このように仕事中の私達の人間関係は総じて、限られた範疇内の中に集約される傾向が否めず、それが中長期間続けば、自ずと未知なる世界や価値観に対する感性のアンテナに錆が生じ始めがちです。同時に従来接点見当たらぬ業界内から届けられる、実は自身自社にとって大いにプラスとなる「気づき」「チャンス」などをスルーし続ける毎日と、当たり前と捉えてしまう傾向が否めません。これはとりわけ現在起業を視野に入れておられる方々にとってはデメリットに他ならず、固定概念に捉われないアクティブな経営戦略を実践する上で必要不可欠な、他業種で成功あるいはトップランナーを目指す人達の交流が求められます。

ここでは以下、日本で最も多くの起業家が集い、数々の成功事例がごく身近に数多く存在する首都東京で開催される、異業種交流会という会合の存在と、参加する事で得られる数々のメリットをご紹介します。通常接点を持つ機会に恵まれぬ異業種の第一戦で活躍中の人達からの学びと、そこから始まるビジネスチャンスをスルーする手はありません。